ajico’s diary

40代ひとり暮らしの美容とお金と趣味のお話

MENU

仮想通貨バブル再来!ビットコインの今後は?おすすめ販売所は?

f:id:nojico3588:20201213120352j:plain

ビットコインが11月18日、180万円を突破し、

2017年末のバブル期に近い盛り上がりを見せています。

 

コロナの特別定額給付金10万円をビットコインに換えていたら今頃18万円を超えていたでしょう。

 

私は3年ほど前に18万円分のビットコインを購入していたので給付金の全部は投入せず2万円分追加購入し、現在の合計は20万円分です。

 

2017年の11月にはじめて購入し、3週間で2.5倍ぐらいになる小バブルを経験しましたが、その後急落し塩漬け状態だった私のビットコインちゃんは11月18日現在37万円になっています。

 

そこで今回は、「ビットコインをはじめたい!」「ビットコインはこれからまだ上昇するの?」と、気になっている方向けに書いてみましたのでぜひご覧になってください。

 

  

~目次~

 

ビットコインとは?

 

ビットコインは2009年に発案された世界最初の仮想通貨で、インターネット上で使用、取引することができます。

国や銀行といった管理する機関はありません。

 

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコインと言いますが、その種類は世界で1500とも言われています。

 

当初はビットコインのように、まだ価格が小さいアルトコインをいろんな種類買って億り人を狙う動きも多くありましたが、個人的にはイーサリアム以外はあまりオススメしません。

 

 

ビットコインは投資なの?

 

私が最初に購入した時は、投資というより投機だという認識で始めました。

 

投資というのは、何らかの付加価値を生み出す資産を購入し、長期にわたり保有していくものですか、投機というのは、価値ではなく価格そのものの変化にのみ着目した取引で、上がるか下がるか予測して賭けるような、いわゆるギャンブルに近いものがあると思います。

 

そのため、投資家YouTuberの中でもビットコインなどの暗号資産は資産全体の1〜3%に留めておくようにと、よく言われています。

 

他の通貨のように母数が大きくなれば通貨として安定するため投資にもなりますが、暗号資産はまだまだです。

 

これから買ってみたいという方は、くれぐれもリスク許容度を考えて購入しましょう。

 

ビットコインの今後は?

ビットコインは今後上昇していくのか、最も気になるところです。

 

実際2018年も、仮想通貨元年と呼ばれ期待されましたがみるみる急落していきました。

 

ですが2018年と今では状況が変わり、仮想通貨に対しての見方が変わってきているのは事実です。

 

大企業がビットコインに続々参入!

 

最近になって米大手決済事業であるPayPalが大量購入したこともニュースになりましたが、ナスダック上場企業の米マイクロストラテジーが約410億円分のビットコイン保有していることを発表、またTwitter傘下であるフィンテック企業のスクエアも、純資産の1%である51億円分を保有しているなど、続々と大手企業がビットコインに参入していることが発表されました。

 

米国の大手企業や機関投資家によるビットコインへの関心の高まりは、以前とは比べものにならないくらいだと思います。

 

f:id:nojico3588:20201118205656j:plain

 投機対象ではなく、インフレ対策に?

 

最近のビットコイン購入の目的が、個人投資家が買う投機から、機関投資家がインフレ対策として買う資産へと変わってきているという見方がされています。

 

コロナの影響で世界中でお金が刷られ、流通するマネーがこれまで以上に増加することで次第にインフレが進むのではと懸念されています。

 

インフレに強い資産としてよく知られている「金」は、ここ1.2年で急上昇していますが、 金と同様の特徴をもち、「デジタルゴールド」とも呼ばれるようになったビットコインは、金に続くインフレヘッジ資産としても注目されています。

 

 取引所はビットフライヤーがオススメ!

 

たくさんある取引所の中でなぜ、ビットフライヤーがオススメかというと、その理由はたくさんありますが、裏技的なポイントに着目すると、なんとビットコインをただでもらえるサービス」があるからです。

 

f:id:nojico3588:20201118114706p:image

 

いちばん上の「ビットコインをもらう」の中では、特定の条件を満たすとビットコインをもらえるサービスをなんと261も提供してくれているのです!

 

そのうちのひとつがこちら👇

 

f:id:nojico3588:20201118115021p:image

 

楽天市場で買い物する際にビットフライヤー経由でお買い物をすると0.6%分ビットコインがもらえるんです!

 

他にもYahoo!ショッピングなどのネット通販やふるさと納税楽天トラベルやじゃらんといった旅行サイト、インターネット回線等、商品購入やカード発行、会員登録などによりもらえるさまざまなサービスがあります。

 

日常の買い物などの際にビットフライヤーを経由するだけでビットコインがもらえるって、とってもお得だと思いませんか?

 

こういうサービスを利用してビットコインを貯めていけばローリスクどころかノーリスクです。それが何倍にも増えたら嬉しいですよね!

 

ビットフライヤーの口座開設はこちらから👇

 

bitFlyer

 

おわりに

 

今回は、いまとても盛り上がっているビットコインについてザックリと書いてみました。

 

私はビットフライヤーコインチェックという取引所で仮想通貨を保有していますが、今回はビットフライヤーを推してみました。

 

また、その他にもビットフライヤーのいい所や取引所でのお得な買い方、売り方についても記事にしていこうと思います。

 

未来のことはどうなるか分かりませんが、資産の1%で持っておけば、価値が100倍になれば総資産は2倍に、価値がゼロになっても99%は残るので年利1%で1年運用すれば元通りになります。

 

2009年10月、はじめてビットコインに値段がついた時その価値は1BTC=0.07円でした。

それが今は180万円と、約2500万倍以上に膨らみました。

100円分買っていたら25億円です!

夢みたいな話ですが、実際にそうして「億り人」になった人たちはたくさんいるのです。

 

ビットコインはもうかなりの時価になってしまったので今から億り人というのはなかなか難しいと思いますが、それでも10年後には4000万円(約20倍)、1億円(50倍)になると予想する投資家もチラホラいたりして、いま37万円が50倍で1850万円か〜と私も楽しみにしています笑

 

宝くじに比べたらかなりの高確率だと思いますよ!

 

ちょっと面白そうだから買ってみたい!という方はこちらのビットフライヤーでどうぞ👇

 

bitFlyer

 

今日も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました‼︎

 

f:id:nojico3588:20201118205854j:plain